reboot36

30代のおじさんブロガーの活動雑誌ブログ

悪魔的な中毒性 ゲームアプリ「ダンジョンメーカー」に出会ってしまった

こんにちは!

寝不足のリブです。

 

なぜ、寝不足なのか?

それは久しぶりに時間を忘れてハマッてしまうゲームに出会ってしまったから!

 

今まで一度もゲームアプリの記事なんて書いたことなかったリブですが、こんな良質ゲームは応援しないとということで記事にさせていただきます。

 

実は静かな大ヒットとなっているゲームアプリ「ダンジョンメーカー」のご紹介です。

 

ダンジョンメーカー

ダンジョンメーカー

  • GameCoaster
  • ゲーム
  • ¥360

  

記事を読んで思わずダウンロードしちゃっても、わずか360円の買い切りなので安心して読み進めてください(笑)

 

 

ダンジョンメーカーってどんなゲーム?

 

3×3のダンジョン部屋に右の入り口からワラワラと押し寄せてくる勇者たち。

 

迎え撃つ我々魔王軍は、ダンジョンの部屋に配下のモンスターや罠を配置して、勇者のHPを削って殲滅するゲームです。

 

1度の勇者群の波を1日と数え、20日間を一応の一区切りとして繰り返していきます。

 

先に進むほど敵は強くなり、数も多くなり難易度が高くなっていきますので、突破されない日数をどれだけ伸ばせるかというゲームですね。

 

こちらのたくまやん様の記事でとても簡潔にゲーム性を要約されてましたのでご紹介いたします。もうお前の記事は不要じゃんとか言わないで。

sizaemon.hateblo.jp

 

ダンジョンメーカー、中毒性の秘密

 

いわゆるタワーディフェンス系ゲームで、よくあるゲーム構成なのかもしれませんが、絶妙なバランスとテンポのよさでついつい繰り返してしまい、夜も更けていきます・・・

 

あと1回だけ!

「今回は結構いい具合に配置できたぞ〜」

順調だからあと10日ぶん(ゲーム内)くらいはサクサク進めそう、なんて油断しているとドドドッと突破されてGAME OVERなんてこともありました。

 

すると悔しくてムキになって、「あと1回だけ」とやってしまうんですよね。

 

1日毎(ゲーム内)の3択の分岐をどう選んでいくのか、手にいれたカードをどう使っていくのか、どのキャラクターを優先して育てていくのか・・・さまざまな選択肢への対応で結果が変わってくるため、「あのとき違う選択をしていたら」というifを考えてしまいます。

 

そのifを試してみたくて、もう1回やってしまいます(笑)

 

その結果過去最高の日にちまで進めた時はニンマリです。

 

特に初めて100日を越えたときはすごい達成感でした!

 

ランダム性

1日の戦いを勝利に終わるとご褒美がもらえます。

 

このご褒美部分がいわゆるガチャ要素になっているのが心憎い。

 

部屋に配置できる多種多様なモンスターや罠。もちろん使い勝手のいいものと、大して有用性を感じないものとあり、そのどれが手に入るかは運まかせです。

 

このご時世なのに、ガチャを引くためにお金は使わなくていいんです!

 

どうしてこんなに安い?ダンジョンメーカー

ダンジョンメーカー

ダンジョンメーカー

  • GameCoaster
  • ゲーム
  • ¥360

 

こんなに遊べるゲームが今の時代はたったの360円で買えるのか〜!

僕が小学生のころはゲームソフト1本買うのに1万円を握りしめて、決死の覚悟で選び抜いた1本を買ったものですよ・・・(遠い目)

 

良心的なゲームメーカーさんは皆で買うとか、こうやって広報して応援していかないと次につながりませんので、1銭にもならないけど微力ながら記事にした次第です。

 

最後にダンジョンメーカーに出会ってしまった者たちの悲鳴を載せておきますので、惹かれるものがあったらポチッとしてあげてください!

 

時間が溶けた者たちの叫び