reboot36

30代のおじさんブロガーの活動雑誌ブログ

簡単な設定でYoutubeの見過ぎによるパケ死を防ぐ

f:id:frenchorange:20180222110737p:plain

スマホタブレットYoutubeなどを視聴しているあいだ、

データ通信料は大きくなっています。

 

面白いからと言って動画をハシゴしたりしていると、月末を待たずに通信制限がかかって、めっちゃ通信速度が遅くなって不便だった(いわゆる『パケ死』)という失敗をしたことはありませんか?

 

ぼくはあります。

 

この反省を踏まえて、iPhoneでたった1箇所の設定を変えただけで同様の失敗が亡くなりました。

 

この記事ではその設定についてさくっとご紹介いたしますね。

とても簡単なので、もしこの設定をご存知なかったらぜひやってみてください。

 

 

 

Wifiを使えるところではモバイル通信を切る

 

自宅や職場などインターネットが引き込まれていて

無線Wifiを飛ばしている環境では、iPhoneなどは一度設定をすればモバイル通信よりWifiを優先してつかんでくれます。

 

Wifiで通信している間は各キャリア(docomoとかsoftbankなど)のモバイル通信を使いませんので、プランで設定されている「月2G」とか「月5G」とかを消耗しません。

 

通常なら、いまのスマホは賢いので、前に一度設定をしたWifiを再び受信したときは自動でWifi通信に切り替えてくれるのですが、なにかの拍子にこの切り替えができていないのに気が付かないままYoutubeなんかを視聴していると悲しい結末を迎えてしまいます。

 

例えば、自宅に帰ればいつもWifiを飛ばしているからと安心しきって、調子に乗ってサンドウィッチマンのお笑い動画をハシゴしていたところ、Wifiルータが故障していたりといったケースです。

 

このような事故を防ぐため、Wifi通信状態でないとYoutubeで動画を見られなくなる設定をしてしまいましょう。次の項目でご紹介します。簡単です。

 

 

簡単な設定でYoutubeの見過ぎによるパケ死を防ぐ

 

iPhone利用者の場合、設定方法は次の通りです。

 

1.「設定」を開きます。(灰色の歯車のアイコン)

 

2.「設定」内の比較的うえのほうにある「モバイルデータ通信」を開きます。

f:id:frenchorange:20180221171928j:image

 

3.「モバイルデータ通信」を開くと、インストールしてあるアプリがずらっと並んでいます。ここで、各アプリを使用する際にモバイル通信を許可するかどうかのオンオフが設定できます。

 

この一覧から「Youtube」をみつけ、その右側のスイッチをオフにします。

オフにすると次の画像のように緑が消えて白くなります。

f:id:frenchorange:20180221171935j:image

 

設定は以上です。

簡単ですね!

 

この設定をするとどうなるのか?

f:id:frenchorange:20180222122029p:plain

 

 

これなら事故も起きませんので安心ですね。

 

あとがき

 

ほんの少しの簡単な設定で、

月末の恐怖の通信制限地獄を防止になります。

 

この記事で紹介した設定はもちろんYoutube意外のアプリにも応用可能ですので、他にもWifi環境以外では通信をしてほしくないアプリがあれば、そちらもモバイルデータ通信をオフにしておくといいでしょう。

 

では。