reboot36

30代のおじさんブロガーの活動雑誌ブログ

ブログ設計を考えるときには「マインドマップ」が超効果的!

f:id:frenchorange:20171202121108p:plain

新しいブログを立ち上げようと計画しているのですが、その設計を考えたりアイデア出しをするのに、マインドマップがとても便利だなと実感したのでマインドマップについて振り返ってみたいと思います。

 

もしマインドマップを知らなかった、そういえば使ったことなかったという方はぜひ試してみてほしいです。

 

 

マインドマップとは?

f:id:frenchorange:20171202140242p:plain

頭の中を整理したり、アイデア出しに使われる有名な手法です。

日本では10年くらい前に、ビジネスシーンを中心に流行しました。最近では耳にすることが減った気がしますが、あきられたのか、しっかり定着したからなのか。

 

【コトバンクより引用】

英国のトニー・ブザン氏が提唱する、思考の表現方法。ブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社が商標登録している。頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。中心となるキーワードから関連する言葉やイメージを繋いでいくことで、考えをまとめたり、複雑な問題の解決策を見いだすことが容易になる。コミュニケーションや企画力、精神力などのトレーニングとして教育現場やビジネスで広く使われており、マインドマップ用の手帳やソフトウェアも市販されている。 

 

こんな感じで、中心に主題を置いて、周りに太陽のように放射状に発想される単語などを枝分かれさせながら配置していきます。太陽のように、と言ったけど細菌みたいになってしまいました。

f:id:frenchorange:20171202131155p:plain

↑「絵を描く」機能を利用した渾身の力作

 

ブログを計画するためにマインドマップを使う

このマインドマップを、ブログを計画するときのアイデア整理に使うといいじゃん、というのが今回の記事です。

気楽に取り組もう

トニーブザンや、マインドマップの講師なる人たちは、「最低でも3色つかえ」だの「中心に近い枝は太く」だの事細かなルールを言っていますが、そんなことは気にせずに気軽にノートを開いて書き始めちゃいましょう。

 

目的は

1.いったん発想を広げて

2.そのあと整理する

ことなので、ルールに縛られて筆が進まない事態は本末転倒です。

 

例1)アイデア出し(拡散)

新しいブログを書く!と意気込んでみても、さて自分はどんなことが書けるんだろうかと立ち尽くした気持ちになったりしませんか?

 

そんなときにもマインドマップです。

 

例えば紙の真ん中に「興味」と書いてみて一本枝を伸ばします。

読書が好きなら「読書」と書き入れて、「読書」からさらに枝を伸ばして「進撃の巨人」とか「ワンピース」といった感じで書いてみましょう。「ワンピース」って書いている間に、頭に「あ、私そういえばテニスにも興味あったわ」と浮かんだら、「興味」から別の枝を伸ばして「テニス」と書く。

 

こんな感じで、頭に浮かぶ単語を放射状に配置していきましょう。

要は連想ゲームです。

 

いちばんノリノリで単語が出てきた枝に関係する題材を選べば、ブログも書きやすいでしょう。

 

例2)ブログ設計

続いて、その先の段階です。

先ほどの例で仮に「テニス」についてのブログがやりやすそうとなったとします。

 

そうしたら、新しい紙の真ん中に「テニス・ブログ」と書いて新しいマップを書き始めてみます。

 

こんどは記事のネタに限らず、ブログを構築するのに必要な要素を書き出してみるのも大切です。たとえば「マネタイズ」→「アドセンス」、「物販」→「A8ネット」「アマゾン」「楽天」とか、「SNS」→「facebookページ」「twitter」「instagram」とか、「テニスマンガ紹介」→「テニスの王子様」「baby steps」とか。

 

例3)まとめる(収束)

とりとめなく広げたら、まとめていきましょう。

マインドマップで書き出していたら、既になんとなく階層化もすんでいるし、カテゴリわけも容易になっているはずです。また当面困ることがなさそうなくらい記事の題材も広がっているのではないでしょうか。それらもリストにしちゃいましょう。

 

この工程で練ってみたけど、どうにもしっくりこないな・・・

ということであれば、きっとその題材はあなたには向かない題材なのです。

別の題材に切り替えてOK。

 

マインドマップについてわかりやすいサイト3選

堅苦しいこと抜きにして、ぱっと読めて、ぱっと取り組みたくなるような記事を書いてくれているおすすめサイトを3つ選びました!

ボクシルマガジンさん

boxil.jp

アシタノレシピさん

www.ashi-tano.jp

よしきのブログさん

44ki.net

 

マインドマップを本で読む 3冊

新版 ザ・マインドマップ(R)

新版 ザ・マインドマップ(R)

 
実践! ふだん使いのマインドマップ

実践! ふだん使いのマインドマップ

 
ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック)

ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック)

  • 作者: 遠竹智寿子,月刊アスキー編集部,ブザン・ワールドワイド・ジャパン、ブザン教育協会
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: ムック
  • 購入: 40人 クリック: 957回
  • この商品を含むブログ (66件) を見る
 

 

あとがき

現在進行形で新しいブログを検討しています。

その過程で、気づけばマインドマップの要領で走り書きをしている自分に気が付きました。「よーし、いまからマインドマップをやるぞ!」と袖まくりをしているわけではなく、走り書きレベルです。

 

マインドマップは頭のなかのとっちらかりがそのままノートに落ちてくる感じで、視覚化できるのが本当にいい。脳にとって自然体の思考法なんだと思います。

 

取り組んでいるうちに、新しいブログにむけてのワクワクが高まってきました。

これからもよろしくです。

 

おねがい!

もしこの記事を面白いと感じていただけたら、シェアをしていただけると最高です。

はてなブログユーザーの方はスターをもらえたり、ブックマークしてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!