reboot36

30代のおじさんブロガーの活動雑誌ブログ

あなたの「はてなブログ」で雛形・テンプレを簡単に登録して、いつでも使えるようにする方法

f:id:frenchorange:20171130175922p:plain

先日はてなブログに追加された機能があります。

過去記事をコピーして新しい記事の下書きを起こすことができる機能です。

この機能をうまく利用すると、よく使うテンプレート(雛形)を簡単に登録して、いつでもワンクリックで使う事ができます。

 

 

記事のコピーのつくりかた

 

「記事の管理」を開くと右側にこれまでに書いた記事が並んでいます。

各記事の右側にある「編集」ボタンがプルダウンメニューになっていますので、そちらをひらくと3つ目に「コピーして新しい記事を開く」というメニューが見つかると思います。

f:id:frenchorange:20171130180044j:plain

ここをクリックするだけで、記事タイトルも記事内容も引き継いだコピー記事がつくられ、画面が切り替わって、新しく作ったコピー記事の編集画面へ移動します。

 

記事のテンプレートをつくろう

 

自分なりに納得のいった構成の記事があればそちらをベースに使ってもいいでしょう

おすすめは、他の先輩ブログなどで「こういった構成のブログが読まれやすいよ」と紹介されている定石を参考に、まずは一度自分なりにテンプレを組み立ててしまうことです。

 

例えばこちら、バズ部さんの記事も大変参考になります。

たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術

 

自分なりのテンプレが形作れたら、下書きとして保存をしておきましょう。

要は、このテンプレをコピーして、いつでもワンクリックで使えるようにするといいですよ、というのが今回の提案です。

 

記事のテンプレート化のメリット

 

  • 迷いが減る。
  • 失敗が減る。
  • 書きあがりが早くなる。
  • 記事を書くことへのハードルが下がり、結果として更新ペースが上がる。
  • ブログ全体としての安心感が高まる。

 

デメリットは?

 

デメリットは特にないでしょう。

テンプレに頼り切りになるのが心配なら、時折脱線すればいいし、一度つくったテンプレも完璧なものではないはずなので、適宜見直しをしていくことになりますから。

 

おさらい

 

はてなブログに実装された「記事をコピーする機能」を活用して、ベースとなる記事テンプレをつくっておくと、とても楽ちんです。実際にぼく自身も、これまでメモ調なんかでテンプレを保存したりしてみましたが、同一アプリケーション内で完結するんだから本当に便利ですよね。

 

ぜひ、試してみてください。