36歳は、おじさんですか?

36歳からでも幾らか稼げるブロガーになれるのか!?

デキる人の文章、デキない人の文章

f:id:frenchorange:20171118153430j:plain

 

仕事の上で、話がとてもわかりやすいひとは、

その人が書いた文章もすごく読みやすい。

 

反対に、スッと頭に入ってこない話し方をするひとが書いた文章は、

同じように読みにくいことが多いです。

 

あ、こいつ、頭わるそー

なんて思われないために、文章力のトレーニングをしましょう!

 

ある程度までなら、

ちょとしたコツを踏まえるだけで

スッキリ伝わる文章が書けるようになります。

 

*関連記事* 

www.reboot36.com

 

仕事ができないアイツは文章も読みにくい

我慢してしばらく話を聞いていても、いっこうに要点が見えてこない。

最後まで待って、本当の最後の最後に結論らしき話がでてきて、

「さっさとそれを先に言わんかい!」となる人いますよね。

 

彼の文章を見ると、まあこちらも読みづらい!

 

句点がなく、ダラダラと続く文。

改行もなく、ツメツメの行間。

パッと見で「あっ、読みたくない!」って感じ。

 

吹き矢でフッとやっちゃいたくなります。

 

f:id:frenchorange:20171118153647p:plain

 

仕事できるあの人は文章も読みやすい

そつのない仕事っぷりで皆からの信頼の厚いあの人は、

メモすらも簡潔でわかりやすくて時に感動すら覚えます。

同じことを報告するのでも、こんなにも違いが生まれるのかと。

 

漏れもなく無駄もない要素。

ほどよいスペース。

(そしてきれいな字!)

 

読みやすい文章を書くための3箇条

 

1.結論から述べる。

2.5W1Hを書き出す。

3.すっきり並べる。

 

これができるだけで、もう十分に合格ラインだと思います。

逆に言えば、簡単なようでいて意外とできていないのが上記3点なわけです。

 

さらに気を配る余裕があるのなら次の点にも配慮するといいでしょう。

 

・難しい言葉を簡単な言葉に言い換える。

・漢字を減らして、ひらがなを増やす。

・句読点や改行も交えてレイアウトを整え、流れにリズムをつける。

 

アイツ、この記事読んでくれないかな…

 

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

 

 

頭の中の整理もできる

 

このプロセスは頭の中を整理するプロセスそのものです。

 

わかりやすい話し方をするには、わかりやすい文章を書けなければならない。

わかりやすい文章を書くためには、頭の中が整理されていなければならない。

 

あとがき

ぼく自身、読みやすいブログを書くよう意識するようになり、

最近仕事の上での話し方やヒアリングのレベルが上がってきたと実感しています。

 

そのあたり以前も記事にしたので、よかったらこちらも併せてお読みください。 

www.reboot36.com