reboot36

30代のおじさんブロガーの活動雑誌ブログ

またきたよ「例のポスター」

なぜ自分の意見を言わないの?

 

「特にありません」

 

考えてないって思われるよ!

やる気がないって評価されるよ!

 

f:id:frenchorange:20171019142052j:plain

 

この「例のポスター」が神経を逆なでするように受け止められるのは、

きっとこういう事だと思うんです。

 

・その仕組みをつくる、または風土をつくろうとするのはそっちの仕事だろ?

・仕組みづくり、風土づくりの取組みまでこっちにぶん投げるなよ!

 

こんな感情じゃないかな。

 

例えば、社長や役職者が

「最近、業務の改善について改善案があがってくることも減ってるので、

こういう取り組みを考えたんだけど、どうかね?」

と具体的な方策を提案してきたりするならいいけど、

 

ある日突然、壁にぺっと1枚のポスターが貼り出されるわけです。

 

それはムッとしますよね。

 

上司は「もし仮に自分がスーパーマネージャーだったら」と考えなければ。

社長の器より優れた組織になることはありません。

そして器の大きさ(社長)だって成長はできるはず。

 

あ、もしかしてこのポスターって社長室(というものがあれば)に貼るべきものなんじゃないですかね!自分の机の前に貼って、1ヶ月ごとにその課題について真剣に知恵を絞ることを繰り返したら、素晴らしいことになりそう。

 

なぜ言いたいことを言ってもらえないの?

どうせ何をいっても聞いてくれないと思われてるよ!

やる気を出してもしょうがないって評価されてるよ!

 

ってね。

 

www.reboot36.com