36歳は、おじさんですか?

36歳からでも幾らか稼げるブロガーになれるのか!?

ブログを上達したければパソコンに向かうな

f:id:frenchorange:20171001174104p:plain

読まれるブログ、読みやすいブログを書きたいなら、

いきなりパソコンに向かわず、

まずはペンを取って紙を広げましょう。

 

で、要点要点を書き出します。

あとはそれらをつなげ合わせるだけ。

 

言いたいことからブレずに済みます。

 

ほら、3行から4行で言いたいことは終わっちゃいました

 

余談は余談でしかありません。

枝葉です。

 

飾り付けが未熟だったり、

センスに自信がないひとが一生懸命文字数を増やそうとすると、

ゴテゴテした文章になって読みづらいわけです。

 

だったら余計なものはとっぱらって

スッキリさせたほうがよほど読みやすくなります。

だから伝わる。

好感も持たれます。

 

 「余計なものなど ないよね」って


CHAGE and ASKA SAY YES (live)

 

余談でした。

 


ダイレクト出版 小川忠洋代表との対談動画(前編)

 

たぶん、この記事をひらいたあなたは

「できることなら、アクセスを集められるブログを書けるようになりたい」

と思っているはず。

 

なら、ついでにこの動画もみるといいと思いますよ。

ウェブライティングならこの会社、この人。

ダイレクト出版の小川社長の対談動画です。

 

そのなかで、ライティングをする人に対してスキル面から具体的に3つアドバイスをするなら?と聞かれて、まず

 

・シンプルに書け!

 

って言ってます。

 

その他も一聴の価値ありなので、ぜひ。

 

『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』の紹介ページはこちら。