reboot36

30代のおじさんブロガーの活動雑誌ブログ

ギャンブル依存症を救うデビットカード作戦【パチンコ・パチスロを辞められないあなたに】

「コンビニで現金を使う人はバカ?」という、

少々刺激的な切り口で

イケダハヤトさんの記事が反響を呼んでいるようです。

 

www.ikedahayato.com

 

この記事に触れて、私自身が実感しているとても効果的な節約術がありますので、ご紹介します。

 

特にパチンコ・パチスロを辞められず、一向にお金を貯められない方には読んでいただきたい。

f:id:frenchorange:20170820132353p:plain

1.現金・キャッシュカードを持たない

 

パチンコ・パチスロ、
わかっちゃいるけど辞められない。

 

その気持ちわかります。

 

それはもう脳が半分依存症になっちゃってるから、
意志の力ではどうしようもない。

 

ならば、物理的に、浪費を防止する「仕掛け・仕組み」を採用するのが吉です。

 

・行動範囲にパチ屋がないところに移住する。(寄り付かない)

・お金を持たない。

 

今回はこのふたつめの方策についてです。

 

2.最低限+デビットカード

 

ご存知のように、現在のほとんどのパチ屋は遊戯(!?)をするために、

小銭は使えません。

千円札・五千円札・一万円札を投入する仕組みです。

 

「いま、財布に1万3千円入っているけど、その3千円分だけやって、ダメなら帰ろう。」なんて考えながら椅子に座ったことありませんか?

 

甘い。

 

15分後にはなけなしの一万円も投入してます。

 

勝つか、空っぽにならずしてお店を出られたためしがどれだけありますか?

 

だから、財布にお札を入れておいてはダメなんです。

あったらあるだけ使っちゃいますから。

 

最低限を決めて、それ以上財布に入れない。

たとえば千円。いれて3千円。

 

社会人だから3万円くらいは財布に入れておかないと、なんて見栄をはらない!どっちみちパチ屋にお金を吸い込まれて、貯金のひとつも出来ないなんて、胸を張れる社会人ではないんですから。

 

キャッシュカードも持たないでください。

コンビニに走っちゃうから。

その時のあなたの脳はフリーズしています。

 

急な食事や、出費があるかもしれない?

ならば、デビットカードを持ちましょう。

 

デビットカード - Wikipedia

 

3.デビットカードはほんとうに便利だった

 

デビットカードというのは、VisaやJCBなどのクレジットカードと同じように、加盟店で使える決済用のカードです。クレジットカードと大きく違うのは、

 

デビットカードは銀行口座からリアルタイムに引き落とされる、点です。

 

だから、現金感覚で使えるのですが、

小銭でもお札でもないので、パチ屋のサンドに飲まれる心配はありません!

 

で、私も作ってみました。

三菱東京UFJ銀行をメインにつかっているので、同行のvisaデビットカードをつくりました。簡単です。審査もありませんからね。

 

数日で手元に届いたのですが、最初は使うのに少し勇気がいり、持っているだけでした。3日後ぐらいに、意を決してコンビニで使ってみました。

 

コーヒーとバウムクーヘン、併せて300円くらいのお買いもの。

そこでスッと取り出すデビットカード。

店員になにか言われるかと思いましたが、ぜんぜんそんなこともなく、暗証番号をうちこんで終わりでした。

 

いやぁ!凄い便利じゃないか!

 

しかもこのデビットカードのよいところは、その使用履歴がすべて通帳に記帳できることです。煩わしいことなくトラッキングできるんですよ。

 

4.私の財布の中にはこれだけ

 

てことで、ここ最近の私の財布には、

 

デビットカード1枚

OKストアのカード1枚

千円札3枚

 

これだけしか入れていません。

 

おつりでお銭ができたときは、家に帰ったらぜんぶ貯金箱に投入です。

 

財布も小さくなりました。

 

そして、3千円を超える浪費もなくなりました。

 

ぜひお試しあれ。