36歳は、おじさんですか?

36歳からでも幾らか稼げるブロガーになれるのか!?

ことのはじまり。

この男、まるで成長していない。

 

久々に彼をまじまじと観察してみると、悲しいほど彼は成長していなかった。

 

部屋は一人暮らしの独身男性としてはそこそこ片付いている方かもしれないが、床に乱雑に洗濯物が放ってあり、壁際には開封したアマゾンからの段ボール。

 

いったい何に使っているのかわからないが、毎月給料日になると、クレジットカードの支払いが引かれて、家賃を払って、借金を返すとほとんど手元に残らない。だから、たったいま返済したばかりの金融会社から、限度枠までもう一度借りて財布を補充する。

 

絵に描いたような自転車操業だ。

「次の給料日、早く来ないかな。」

 

そうやって4年が過ぎていた。

次の4年もこのまま矢のように過ぎていき、あっというまにシワが増え、やがて老いて、死ぬのだろう。

 

しかし、彼は私の元に相談に来た。

 

8/1が彼の転機だった。

 

私が彼と話をするのはこれが初めてではない。

これまでも、彼の人生を心配した私は何度か手を差し伸べのうとしたことはあったのだ。

 

そのたびに彼は私が伝えようとした「人生を立て直すためのメソッド」に怖気付き、「言いたいことはわかるけれど…」と現実から目をそらし、言い訳の年月を過ごしてきた。

 

ところが、先日、私のところにきた彼の目には、これまでと違った光があった。意志の光だろう。

 

「こんな僕にも、最近彼女ができたんだ。」

 

そう彼は切り出した。

 

「はじめは久しぶりに恋人ができて、単純に楽しくて舞い上がっていたんだ。」

でも…と彼は続けた。

 

「彼女と美味しいものを食べにいきたい。夏だから海にドライブにも行きたい。色んな欲がでてくると、いかに自分が頼りなくて情けないか痛感するんだ。」

 

幸い、彼女はブランド品にも興味なく、贅沢なことも言わないらしいが、「いつもお金の心配をしなければならない」「車の1台もろくに買えない」

 

彼は欲がうまれると同時に、「不足」に気づいたのだ。年齢的に考えれば、この二人は嫌でも「結婚」までも意識することになるのだし。

 

そう。

彼は今年は三度目の年男、もう36歳になる。

気づけば世間ではアラフォーと呼ばれる歳になっていたのだ。

 

彼は必ず成功する。

 

大丈夫。

彼は必ず立ち直る。

私の元に相談にきてこう約束したからね。

 

「こんどこそ人生を立て直す。再起動(リブート)だよ。

 

「君が教えてくれる「こうするといいよ」を全部やるから。毎日、必ず!

 

ならば、彼の成功は約束されたも同じだ。

 

本屋にいくと呆れるくらいに並んでいる自己啓発や、仕事術についての本を読み漁り、果ては嫌気がさすまでに至った、インプット専門の私が処方する「選りすぐりの成功術」を彼にさずけるんだからね。

 

彼は成功するのに最大にして唯一不可欠なピースを約束した。それは「行動」だ。

 

インプットとアウトプット。

 

燃料とエンジンがあれば、あとはアクセルを踏む人がいれば前に進むものだ。

 

今回はたまたま燃料もエンジンも、操縦者も同一人物であるというだけで、自然の理になんら反くことはないだろう。

 

私はこれから1年間、彼をサポートし、叱咤激励し、見守り、レポートしていくことにする。

 

今日のBABY STEPS

A:ブログを3行書く。

B:腕立て・腹筋・スクワットを1回やる。

C:資格試験過去問を2問解く。